キャンピングカー旅の準備【荷物編】

キャンピングカー旅の準備【荷物編】
Pocket

「明日から連休!家族を連れてキャンピングカーで旅に出かけよう!」
  
そんな楽しい旅行で忘れ物はしたくないですよね。旅で忘れ物をすれば当然家には取りに帰れませんので、出先で高いお金を出して購入するか不便さを我慢するしかありません。
忘れ物は自分が不便な思いをするだけでなく、同行する家族や友人をガッカリさせてしまうことにもなります(経験談です笑)。

 
自由気ままなキャンピングカーの旅。荷物の準備が重要なポイント!
 
せっかくの旅行、みんなで楽しく過ごしたいですよね?
 
そこで今回はキャンピングカーで車中泊旅をする際に必要な荷物をまとめてみました。
もちろん人によって違うとは思いますが、僕がキャンピングカー旅を続けて最低限これだけは必要だと思う7つ道具を揃えてみましたので、ぜひご参考ください!
 
旅の荷物はコンパクトかつ使いやすくまとめるのがベスト。

 

1、着替え

こちらは当然「人数×宿泊数」分が必要となりますが、僕は「+1泊分」多めに持っていきます。そうすれば予定が一日ずれ込んでも心配ありません。実際に長野の白樺湖へ出かけた時、帰ろうとした日の夜が花火大会だと知りもう一泊した経験があります。
ただあまり多く持っていくと限られた車内が窮屈になってしまうので、+1泊分がちょうどいいと思います。
 
衣類が多い方、かさばる方は圧縮袋もオススメです。こちらは掃除機不要で衣類を圧縮できるので、特に衣類が厚くなる冬場の旅行で活躍します。限られた車内なので有効に使うことを心がけます。(クリックするとAmazonへリンクします)
 
 
2、風呂セット(タオル類)
各々持っていくものは違うと思いますが、僕の基本セットはフェイスタオル1枚とバスタオル1枚です。日帰り温泉のタオルはレンタルが多いので、あれば数百円ですが節約になります。そしてタオル類はあると何かと便利なので、車に常備しておくことをオススメします。
たまにボディソープやシャンプー類がないお風呂もあるので、石鹸類も持っていくといいかもしれません。ちなみに妻はドライヤーまで持参です(笑)
 
風呂グッズが多い方は車内にまとめておくことをオススメします。特に女性は荷物が比較的多いので、スパバッグがあると重宝します。メッシュならば通気性も良いので、使い勝手もいいです。(クリックするとAmazonへリンクします)
 
 
3、寝具
これは車にもよりますが、オススメはやはり寝袋です。中にくるまってよし、広げて掛け布団にしてよし、さらにコンパクトになるので邪魔にならず収納庫に入るサイズがほとんどです。
特にダイネットをベッド展開する車ならば、寝袋は必須かと思います。常設ベッドがある車は普通に家用の布団で敷きっぱなしだと楽ですよね。
僕の場合はコールマンの対応温度5℃の封筒型寝袋を使っていますが、スキーなどの雪山キャンプはマイナスまで対応している寝袋がマストです。
 
今欲しい寝袋。70’年代にアメリカで発売されていた寝袋の復刻版。0℃まで快適に眠れるすぐれもの。僕は雪山は行かないので0℃までは必要ないのですが、冬場は暖かい寝袋の方がヒーター(ガス)の節約になっていいかなぁと思います。(クリックするとAmazonへリンクします)
 
 
4、歯ブラシ&朝晩のアメニティ用品
意外と忘れがちなのが歯ブラシです。しかも忘れたことに気付く時は大体寝る前なので、寝る時になって買いに行こうとすると非常に面倒です。
しかもコンビニなどで買うと高いので、すごく勿体ない気分になります。当然、旅の間磨かないのは不衛生ですし気持ちが悪いです。個人的に洗面台がある車なら常時積んでおくか、なければお風呂セットと一緒にしておくと忘れにくいです。
歯ブラシ以外にも女性なら化粧品、男性でも整髪料(寝グセ直し等)も必須かと思います。
 
実際に使っているものではありませんが、コップ付きだと他の用途にも使えるので更に便利キャンピングカーは動く家なので、傷んだりしないものであれば常時積んでおくと何かと安心です。(クリックするとAmazonへリンクします)
 
 
5、充電器(携帯、カメラ、パソコンなど)
これも意外と忘れがちなので上位に入れておきました。これも出先で買うと非常に勿体無い気分になります。シガーソケットに挿してUSBに変換できるアダプタを車に常備しておけば、充電コードを持っていくだけなので便利です。
カメラやパソコンなど100Vの充電は基本的にインバーターが必要となりますので装備されてない車はご注意ください。安いインバーターはカーショップでも購入可です。
 
とりあえず100V電源を少し使いたいだけであれば、200〜300Wのインバーターで充分。しかし消費電力のロスがあるので、12V製品があるものは12Vでの使用をオススメします。(クリックするとAmazonへリンクします)
 
 
6、カメラ
これは人によりますが、最近はほとんどスマホで写真を撮る方が多いのでカメラを持っていく方は少ないかと思います。しかし、旅先ではスマホで地図を見たり調べものをすることが多く思ったよりもバッテリーを消費するため、写真専用にデジカメが1個あると便利です。
「普段は全く写真を撮らないよ」という方も旅での写真は本当に思い出に残りますので、ぜひ撮ってみることをオススメします。
 
僕が実際に使っているデジタル一眼レフカメラです。レトロなデザインが気に入って購入しました。高機能でデザインの良いカメラはたくさんあるのですが、レトロなデザインは探してみると意外に少なかったので迷わずこれにしました
初めてのデジタル一眼でしたが、使いやすく非常に満足しています。(クリックするとAmazonへリンクします)

 
 7、キャンプ道具
「別に車中泊ならいらないんじゃない?」と思われがちですが、意外とオススメなのはLEDランタンです。キャンピングカーのサブバッテリーには限りがあり、また旅先でトラブルが起こらないとも限らないので、いざという時の照明だけでも確保しておくと便利です。
他にも収納スペースにもよりますが、イスとテーブルあたりを積んでおくと雰囲気の良い河原を見つけた時に、そこでちょっとお茶を飲んでミニキャンプができて楽しいです(もちろんルールやマナーは厳守です)
 
僕が実際に使っているLEDランタンです。電源が単一電池のみではありますが、明るさ1000ルーメンで調整も可能。
「白色」「昼白色」「暖色」など4つのモードに切替できて、特に「キャンドルモード」では光量が変化してロウソクの炎のように見えるので、キャンプ気分が味わえてとても落ち着きます。もちろん実際のキャンプでもメイン照明として使えます。(クリックするとAmazonへリンクします)
 
 
以上、僕が車中泊でほぼ必ず持っていく7つ道具です。
 
スマホやカメラは旅の便利グッズ。あれば楽しく旅ができます。
 
もちろんこれ以外にも「携帯電話」「お財布(お金)」「カギ(家・車)」など、この辺りは忘れにくいですが必ず出かける前にチェックしてください。
特にカギ。キャンピングカーはたくさんカギがある車も多いので、忘れないようにしたいものです。実際に収納庫のカギがなかったりすると、狭い車内から取り出すしかなくなり不便です。
 
皆さんもぜひ忘れ物に注意して、楽しいキャンピングカー旅行をお楽しみください(^-^)
もちろん荷物だけでなく、車両の準備もお忘れないようチェックをしてくださいね。
 
 
記事まとめ
・旅行での忘れ物は自分も不便であり、同行者も不便な思いをして楽しめない。
・「着替え」「寝具」「風呂用品」「アメニティ用品」「充電器」は必需品。
・「カメラ」や「キャンプ道具」を持っていくと尚良し。より楽しむ事ができる。
Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。