アサマパークフィールドは夏も涼しい標高1400mのキャンプ場!【群馬】おすすめスポット

アサマパークフィールドは夏も涼しい標高1400mのキャンプ場!【群馬】おすすめスポット
Pocket

最近はなかなか出かけられなかったので、久しぶりに連休を使って1泊2日のトレーラーキャンプ旅!という訳で、今回のおすすめスポットは群馬県吾妻郡嬬恋村にあります「アサマパークフィールド(浅間園オートキャンプ場)」です!

標高が1400mもあるので夏でも非常に涼しく、昼は雄大な浅間山・夜は満点の星空が楽しめる絶景キャンプ場。トイレ・シャワーなどの設備も綺麗で、近くに観光スポットも豊富です。
元々は長野原町営だったキャンプ場が民間委託されてリニューアルした場所で、そこから施設が綺麗になったり敷地が広がったりと徐々にパワーアップしているキャンプ場のようです(^-^)

まずは受付でチェックイン。キャンプ場の入口は浅間火山博物館の手前にあり、道も一本道なので非常にわかりやすいです。お金を支払い丁寧に説明を受けて、いざサイトへ。

草原サイトと林間サイトがありますが、この日は日差しがあまりにも強かったので林間サイトに宿泊。道幅が狭めで傾斜があるのでキャンピングカーにはやや不向きですが、日陰を確保するために意地で入れました(笑)

平日で僕ら以外の宿泊者がいなかったので「自由に使っていいですよー」と言って頂き、隣にミニも置かせてもらいました。

林間サイトからの眺めはこんな感じ。キャンプ場のレンタル用テントが干してあったので、より雰囲気が出ていました。

プラス料金でこちらのウッドデッキサイトも利用できます。テントキャンプの方はウッドデッキ最高でしょうね。キャンピングカーだとちょっと傾斜と凸凹で難しいと思います。

設営も完了したところで早速探検を開始してみましょう。ちびっ子探検隊は早速何かを発見した模様。「アリおっきい!」とかなんとか。

こちらの草原サイトはフリーサイトなのでどこに停めてもOK。地面も平らで傾斜もほとんどないので、キャンピングカーはこちらの方が使いやすいと思います。(ちなみに林間・草原どちらも電源はありません。)
奥まで使えば相当の台数が停められそうですね。どのぐらいの広さかせっかくなので奥まで行ってみましょう。

はい、一番奥まで到着しました!それではこちらから反対側を見てみましょう。

奥の方に小さく見えるのが管理棟とトイレ・シャワー棟です。林間サイトと合わせればかなりの人が入れます。友達グループと合同キャンプとか面白そうですね。

しかし、草原サイト側にはトイレ・炊事場がないので、やはりこの管理棟周辺エリアが一番使いやすいと思います。ちなみにこのキャンプ場、道路に面していますが車通りが少ないのでとても静かです。この道は浅間火山博物館で行き止まりなので、そこに行く人しか通りませんので。

管理棟前にはお洒落な「CAMP」の文字がありました。この前で記念写真を撮るのがここの定番のようで、facebookページにたくさんの記念写真が載っていました。

ここが管理棟兼売店前。薪や炭の販売、備品のレンタルもありますが、食材や自販機はないので事前の買い出しは必須です。
しかしドリンクメニューがあったので、おそらく週末にはここでドリンクも販売するのでしょう。少し歩けば浅間火山博物館の売店があるので、困るということはないと思います。

管理棟横にあるアストロはBOOKバンとして改造されていて、中にある書籍は無料貸し出しでサイトに持ち帰って自由に読めるそうです。面白いアイデアですね。

こちらが炊事棟。お湯も出るので寒い時期もバッチリです。炊事棟は2箇所あってどちらも広さがあるので、混雑時でも使えないという事はないと思います。

そしてこちらがトイレ&シャワー棟。リニューアルしたばかりらしくすごく綺麗だったので、個人的にはここが一番感動しました。

トイレは男女共にウォシュレット洋式、クッションフロアでスリッパ着用なので床も綺麗です。欲を言えば、トイレがここしかないので数を増やすか別のトイレを作らないと混雑時は足りないような気もします。

シャワーはなんと24時間使い放題で、料金はサイト料に含まれています。時間制限があったりコイン式シャワーも多い中で、これは非常にありがたいですね。僕らも夜と朝と2回使わせて頂きました、ドライヤーも完備です。

息子はトイレ等脇にあったショベルカー(?)に夢中。彼の中では今、働く車が絶賛大ブーム中です。

「キャタピラもついてる…」とかなんとか、一人で感動していました(笑)

トイレ棟裏に松の木があったので、今度は松ぼっくり拾いに夢中。欲張って一番大きいのを探していました。

この日はのんびりキャンプだったので、キャンプ場探検をした後はゆっくりとバーベキューを準備してご飯を食べました。

夕食の後は持ってきた花火をして、シャワーを浴びてこの日は就寝。やっぱりキャンプといえば花火ですね。20時までは花火ができるので、夏の思い出にぜひオススメします。

標高1400mなので夜はとても涼しいです。やっぱり夏場は涼しい山の上に行くのが一番ですね。網戸を全開にしてたら夜中3時ぐらいに寒くて目が覚めました(笑)

近隣には浅間火山博物館・鬼押出し園・浅間牧場・白糸の滝・軽井沢おもちゃ王国など観光スポットも多く、軽井沢へも30〜40分程度でいけるので行き帰りも色々な場所へ立ち寄りながら楽しめます。チェックイン13時・チェックアウト12時と比較的のんびりできるので、ここを拠点に観光をするのもお勧めです。連泊できれば尚良しですね。

<アサマパークフィールド(浅間園オートキャンプ場)>
〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村 鎌原1053-26
電話:080-9552-7031(問合せ・受付は8時~19時)
チェックイン:13時〜 チェックアウト:〜12時
ホームページ:http://www.asamaen.tsumagoi.gunma.jp/camp.html

オススメ度:90点(大人:◎ 子ども:◎ ペット:◯ 駐車場:◎)
コメント:浅間山の麓、長野原町営の浅間園内にあるオートキャンプ場。周囲にほとんど何もない場所なので昼間は雄大な浅間山、夜は満点の星空を楽しむことができる。テントキャンプ向きの林間サイトと広々使える草原サイトがあり、キャンプ場はとても静か。女性も満足の綺麗なウォシュレット付き洋式トイレ、24時間利用できるシャワー室はドライヤーも完備。近隣に浅間花山博物館、鬼押出し園、軽井沢おもちゃ王国など観光スポットも豊富。ペットOKでドッグランあり、大型車・トレーラーも草原サイトならば全く問題なし。

 

ホームページの住所は北軽井沢なのですが、実際にgoogle mapで見ると嬬恋村になっています。この辺りは北軽井沢という地名が広く使われているらしく、住所が混在しているようですね。やはり軽井沢というネームバリューが強いのでしょうか。

個人的には今まで訪れた中でベスト3には入るキャンプ場でした!穴場的なスポットでこれから人気が出そうです!さてキャンプ場で一泊した翌日はすぐ隣の「鬼押出し園」に向かいます(^-^)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。