群馬の森は美術館や博物館もある芝生と森に囲まれた癒しスポット!【群馬】おすすめスポット

群馬の森は美術館や博物館もある芝生と森に囲まれた癒しスポット!【群馬】おすすめスポット
Pocket

GW編まだまだ続きます!この日は公園に行こうという事で、群馬県高崎市にあります「群馬の森」まで出かけてきました。ここは以前ご紹介した「群馬県立歴史博物館」や美術館などの施設がある県立の都市公園です!

以前の記事:群馬県立歴史博物館は歴史好きでなくても楽しめるお洒落な博物館!【群馬】おすすめスポット

敷地内に歴史博物館や近代美術館がある他、約4ヘクタールもある芝生広場やあそびの広場、わんぱくの丘、ウォーキングコース、サイクリングロードなど色々と体を使って楽しめそうな場所だったので、以前は行けなかった公園の方へ行ってみる事にしました。

駐車場は前回と同じ場所に停めましたが、さすがGW。ご覧の通りの混雑ぶりで、数分待って何とか停める事ができました。

この時の展示は美術館が「くまのパディントン展」歴史博物館は「大新田氏展」でした。前々回の富岡市美術博物館のリベンジ(?)も兼ねて、今回は美術館にも行ってみることにします。

そして前日に続き兄が参戦。この日は妻が留守番だったので、息子と娘を連れて兄と二人体制で見る初の試み。果たして娘はグズらずに乗り切れるか!?(笑)

公園に近付いていくと、何やら賑やかな音楽が。ラッキーだった事にこの日はジャズコンサートが開催されていました。

既に広場には遠目から見てもわかるぐらいに多くの人だかり。

せっかくいい機会なので、僕らも聴いていくことにしました。

アイゼイア・リチャードソン・Jrというクラリネット奏者の方がスペシャルゲストとして演奏していました。ジャズバンドって絵になりますよね、カッコイイ!

僕は行った事がありませんが、野外フェスってこんな感じなんでしょうね。いつか家族で参加したいです。

安定の眠りにつく娘(笑) どうやら周りが騒がしければ騒がしいほど眠れる子のようです。

コンサートの後は公園を散策。左が美術館、右が以前にご紹介した歴史博物館です。

GWという事もあり公園はとても賑わっていて、テントを張っている方も多くいました。

「大芝生広場」ではボール遊びや追いかけっこなど、のびのびと遊ぶ子どもたちが多数。

その奥には「あそびの広場」があり、それほど多くはないですが遊具がいくつかありました。

広場内にある鳥小屋にはニワトリがいました。隠れるように寄り添う鳥たち。

ふくろう?の砦のような複合遊具にも、子どもたちがわらわら。元気いっぱい。

ちなみに裏はこんな感じです。アスレチックになっていて楽しそう。

他にも鉄棒、砂場など。まあ子どもたちにとっては、公園全てが遊び場のようなものですが。

あそびの広場の近くにはトイレや売店もあるので子連れも安心。

息子が砂場に夢中だったので、一旦兄に任せて僕と娘は更に奥を探検。

群馬の森という名にふさわしく、奥には広大な森林が広がっています。

ベンチもたくさんあって、休んだり本を読んだりしてる人もたくさんいました。

自然を探索しながら散歩するのも楽しそうです。サイクリングしている人や犬連れの人もいました。

奥の方にどうやら池があるようです。行ってみましょう。

一番奥まで行ったところに「修景池」という池がありました。それ程大きい池ではありませんが、水場があると癒されますね。

そして池の向こうに微かに見えるのは第2駐車場。木陰でのんびり過ごしたいという方はこちらに停めると良さそうです。

では大芝生広場まで戻って、次は美術館に行ってみましょう。

6月23日まで「くまのパディントン展」が開催されており、絵本「くまのパディントン」シリーズの原画や書籍などの展示や作者の仕事道具・インタビュー映像などを見るが出来ます。

中はやはり撮影禁止でしたが、今回は詳しい解説やアニメ映像などを交えていたので結構楽しむ事が出来ました。ところどころに置いてあった小物や人形がお洒落で、展示方法も上手でしたね。

解説によるとパディントンは「暗黒の地ペルーから送られてきた密航者」らしく、とても興味をそそる設定です。・・・“暗黒の地ペルー”って国際的に問題はない言い方なんでしょうか?(笑)

最後は絵本を読むコーナーと唯一撮影ができるフォトコーナーがありました。色々見ていると段々パディントンが好きになってきました、今度子どもたち用に本を買ってあげようかと思います。

<群馬の森>
〒370-1207 群馬県高崎市綿貫町992-1
開園時間:(4月~9月)7:30~18:30(10月~3月)8:00~17:30
TEL:027-346-2269(群馬の森公園管理事務所)
ホームページ:http://www.gunmori.com
オススメ度:85点(大人:○ 子ども:◎ ペット:△ 駐車場:○ )
コメント:敷地内に歴史博物館や近代美術館が併設された県立の都市公園。遊具は少ないが広大な芝生広場や森が広がっていて、のびのびと遊んだりゆっくりとくつろげるオアシス的な存在となっている。休日には各種イベントも開催され、散歩やサイクリングなどにも最適。駐車場は広いので大型車・トレーラーも可。一部エリアはペット可なので犬の散歩にもちょうど良い。

遊具やアスレチックでガッツリ遊ぶというよりは、芝生や森の中でのびのび&のんびりと遊ぶ公園という感じでしたね。でも雰囲気がいいので、とても癒されるスポットでした!次回もGW編続きますー(^^)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。