伊香保温泉 石段街は溢れる情緒と賑わうイベントが魅力の温泉街!【群馬】おすすめスポット

伊香保温泉 石段街は溢れる情緒と賑わうイベントが魅力の温泉街!【群馬】おすすめスポット
Pocket

この間生まれたばかりと思っていた息子ももう約2歳半。少しずつ僕だけでも面倒を見れるレベルになってきたので、前回に続いて息子と男二人旅。今回のおすすめスポットは群馬県渋川市にあります「伊香保温泉 石段街」です!

全国的にも有名な伊香保温泉ですが、やはり伊香保といえば石段街です。この石段は365段あり、これには「温泉街が365日賑わって欲しい」という繁栄の願いが込められているそうです。実は息子がまだちょうど1歳半ぐらいの時にこの石段にチャレンジし100段ぐらいでギブアップしてしまったので、今回はそのリベンジをしたいと思います。

伊香保温泉周辺の駐車場は有料の市営駐車場が数カ所あり、全部で200台近くの普通車を停めることが出来ます。大型車スペースも数台はあるのですが、やはり観光地のため事前確認は必須です。今回は一番大きな「徳冨蘆花記念文学館駐車場(P1)」に駐車しました。

伊香保石段街に到着。目の前のロータリーに路線バスが頻繁に停まるので、パーク&ライドで来るのもいいかもしれません。

ちなみに最初のこの階段は365段には含まれません。この階段を登り切ると本格的な石段のスタートです。

着きました。「伊香保温泉 これより石段 参百六拾五段」と刻まれた石碑があり、ここが石段のスタートとなっています。さて息子、365段へ2度目の挑戦です。

まず16段、この辺りはさすがの息子も余裕です。石段には数段ごとに段数を表すプレートが貼られていて、今何段登ったのかを知ることができるので、モチベーションを高めることが出来ます。

55段まで到着。この辺りから通りにお店が増えて行きます。手前のワッフル屋さんもなかなか美味しかったです。

日帰り温泉として有名な「石段の湯」もこの辺りです。今回はお風呂セットも持参したので、帰りに寄ることにしました。

87段。前回はこの辺りで既にグズり始めていましたが、さすが2歳。全く余裕です。成長したなぁ・・。

ちなみにこの辺りから見下ろすと、もう結構高さがあるので景色がいいです。上から見下ろす石段街も味があります。

149段、とても順調です。一応後ろに転ばないように手を繋いではいますが、むしろ僕が引っ張られているぐらいです。

おや・・・シルクハットを被った怪しい(失礼)人影が、何かの準備をしているのが見えます。

近づいてみると・・・

おもむろに用意されたテーブルの上で逆立ちを始めました。看板には「もうすぐ始まるよ」の文字が。

そうです。実は僕らこの日石段街で、大道芸パフォーマンスが行われるという情報を聞いてやってきたのでした。はい、偶然ではありません(笑)

「Hiyro(ひぃろ)」さんというらしい大道芸人のウォーミングアップに、既にもう息子は釘付けです。

さて「SHOW TIME」。早速始まりました。

日本では数少ないらしい帽子を使ったパフォーマンスや、

5つのボールを使ったジャグリング。僕なら3つでも出来ません。

写真では伝わりにくいですが、さすがプロという技の数々を見せてくれました。

特にこの遥か頭上にコマ(ディアボロというらしいです)を投げてキャッチする大技は見ていて爽快でした。

息子も座り込んですっかり夢中(笑)

最後は高く積み上げたイスの上で逆立ちという離れ技をやってくれました。楽しかったです。

では気を取り直して再開。有名な湯の花まんじゅうもこの辺りで買うことができます。

与謝野晶子の詩が書かれた段を超えて200段。さっき休めたので、まだまだペースは落ちません。

200段あたりのお店は、建物も雰囲気も何処と無く昭和っぽさが出ていてノスタルジックです。情緒があっていいですね。

通りの中央には源泉が流れていて、ガラス越しに覗くことができます。

230段付近。息子が「ニャーニャーのおみせ!」と言って手前の店に吸い込まれて行きました。少し休憩。

266段。このポストで伊香保の消印が押された絵葉書を出すというのもお洒落じゃないでしょうか。

281段で後ろから来たお姉ちゃんたちに追い抜かれて俄然やる気を出す息子。慌てなくていいのよ。

窓辺のタヌキが気になるらしい。

さあゴールの鳥居が見えて来ました!ここの最上段が365段です!

現在300段!いよいよラストスパート!

狛犬がいるのは321段。手水舎があったので、いつも通り手を清めます。

さあラスト!頑張れ頑張れ!

見下ろすとこんな景色。神社の手前に大きな曲がり角があるので、残念ながらここから石段街は見えません。

365段!達成ーー!1歳の時は100段ちょっとでギブアップだったので、親としてはちょっと感動です。

ちなみに最上段には「伊香保神社」があります。せっかくなのでお参りして行きましょう。

お賽銭を入れてお参り。もうすっかりお参り慣れして来ましたね。

ではまた再出発。神社の裏手にはまだまだ道が続いています。

神社の裏手から榛名山を見ることが出来ます。

この道にも少ないですが何軒か旅館やお店があります。ここで泊まったら気持ち良さそうですね。

さらに奥へと進んでいくと・・・

右手奥に赤い橋が見えて来ました。

これが「河鹿橋」と呼ばれる橋で、紅葉で有名な場所です。「伊香保 紅葉」で検索すると必ず出てくる場所で、シーズンになるとライトアップされて綺麗です。ちなみにこの近くに駐車場があるので、ここまでは車で来ることが出来ます。

そしてこの橋を渡らずに通り過ぎて更に奥へ進むと、一番奥に「伊香保温泉」という名の日帰り温泉があります。せっかくだからそこでお風呂に入ろうかと思っていたら・・・「パパおなかすいた。ねむい。だっこ。」

・・という訳で、引き返して今度は抱っこしながら下段へ戻ります。上りの勢いは何だったんだ(笑)
ちなみに神社下のトイレには多目的トイレがありオムツ交換台もあるので、子連れの方はぜひ。

結局お店を探していたら一番下まで戻って来てしまい、息子の目もすっかり覚めていたので一旦昼食タイム。

ホテル「遊山の里とどろき」内にある「精養軒」さんでお昼を頂くことにしました。

ここのフロアスタッフの方が実に神対応で、息子に笑顔で時々手を振ってくれたり話しかけてくれていたので息子もご機嫌。子連れの食事って騒ぎ出したり迷惑かけたりしないかとても気を遣うのですが、色々と配慮して頂きとても助かりました。ありがとうございます!

お腹もいっぱいになったところで、日帰り温泉「石段の湯」を目指して出発!

・・・しようと思ったら、今度は「こっち!こっちいきたい!」と逆方向へ走り出し、最終的には車に戻って速攻寝てしまいました(笑)まあ当初の目的はだいたい達成できたのでよしとしましょう(^^;)

<伊香保温泉 石段街>
〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保
営業時間:店舗による(石段は24時間立ち入り可)
電話:0279-72-3151(伊香保温泉観光協会)
オススメ度:90点(大人:◎ 子ども:◯ ペット:◯ 駐車場:◯)
コメント:開湯の歴史が古く、情緒あふれる雰囲気が魅力の温泉街。シンボルとなっている365段の石段沿いにたくさんの店や旅館が立ち並び、最上段には伊香保神社そして日帰り温泉の伊香保温泉や石段の湯など立ち寄るだけでも充分に楽しめるスポットになっている。石段の登り降りこそ大変なものの、石段街自体はそれほど大きくないため一日あればそこそこ回りきれる丁度良い広さ。しかし全体的に大人向けのお店が多いので、子どもは楽しめる場所がやや少ないかも。駐車場は数カ所あるが、大型車・トレーラーは要事前確認。店舗に入らなければ石段はペット可。

最後はドタバタでしたが、息子が行きの365段を自力で登りきったのは親として感動でした。3歳ぐらいに今度は往復もチャレンジしてみたいですね(^-^)/

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。