道の駅 ららん藤岡は観覧車もあるハイウェイオアシス!【群馬】おすすめスポット

道の駅 ららん藤岡は観覧車もあるハイウェイオアシス!【群馬】おすすめスポット
Pocket

今回のおすすめスポット紹介は紅葉を見に行こうという事で、1泊2日のトレーラー旅行!
2連休の1日目、午前中ゆっくりと荷物をトレーラーに積み込んで、お昼を食べてから出発。
まず最初は藤岡市にある道の駅であり、ハイウェイオアシスでもある「ららん藤岡」へ。

小さな観覧車が目印の道の駅で、一般道から行くことはもちろん高速道路「藤岡PA」に車を停めて徒歩でアクセスできますので、高速道路を降りなくても利用することが可能です。今回は一般道からアクセス。

まずは駐車場。第一と第二を合わせて300台以上(大型車も10台)停められる場所なのですが、やはり人気の高い道の駅のため平日でも結構混雑していました。
僕らが行った時は大型車もいっぱいだったので、やむなく第二の空いている場所へ停めさせてもらいました。(本当はこういう停め方だと両側が埋まった時に出られなくなってしまうので注意です^^;)

早速場内へ行ってみます。駐車場から入ってすぐ子どもが遊べるミニ遊園地「メルヘンプラザ」がありました。ここには観覧車をはじめ、メリーゴーラウンドやコイン遊具が複数設置されています。

コイン遊具の間にあるここの狭い通路が気に入ったらしく、なぜか何度も往復していました(笑)

手始めにキリンのコイン遊具に乗ってゆっくりと散歩。昔はデパートの屋上でよく見かけましたが今はもうないんでしょうか。すごく懐かしく感じました。

続いてメリーゴーラウンド1人1回200円ですが2歳以下は無料、5歳以下で乗車が不安な場合は付き添いが必要となります。コーヒーカップのタイプなら小さい子でも安心ですね。

巨大なアンパンマンがありましたが、残念ながら故障中でした。

お次は引き続き電車ブームの息子に連れられて新幹線のコイン遊具。試しに隣に付き添いながら一人で載せてみたら、なかなか上手に乗れました。

そしてメインの観覧車へ。16m程の比較的小さい観覧車ですが、息子が見上げるととても大きく見えます。

とは言え、小さめの観覧車だから別に大人は怖くないだろうと思っていたら、この観覧車は窓ガラスがないため別のスリルを味わう事ができます(笑)

足元もこの通り鉄の柵があるだけなので、物を落とさないように気をつけなければいけません。

しかし、逆に窓ガラスがないのでとても気持ちがよかったです。頂上ではららん藤岡の場内を見渡すことができました。

終わった後はまたしても狭い通路へ(笑)よほど気に入ったようです。

メルヘンプラザで遊んだ後は更に奥へと進み「ふれあい広場」へ。クリスマスイルミネーションが飾られていたので、夜は綺麗にライトアップされるようです。

この広場にはガトーフェスタハラダをはじめ食べ物の店舗が入っている「グルメプラザ」や、地元野菜&食材が売っている直売所の「アグリプラザ」など、複数の店舗があり楽しむことができます。

僕らが立ち寄った「花の交流館」では、花や植物の展示販売以外にもカフェや洋蘭の展示会が行われていて、地域交流の場となっていました。

ちなみに藤岡PAの駐車場はこんな感じです。完全に隣接しているのでパーキングエリアからのアクセスは楽々、トイレ休憩ついでに立ち寄る事ができます。

トイレやベビールームも完備されていたので、子連れでも安心して遊ぶことができました。

最後はN700系新幹線「のぞみ」・・の運転シュミレーター遊具で遊んでここは終了。またしても電車ブームの息子には大満足の場所となりました。

<道の駅 ハイウェイオアシスららん藤岡>
〒375-0005 群馬県藤岡市中字広町1131−8
TEL:0274-24-8220
ホームページ:http://www.laranfujioka.com
オススメ度:80点
コメント:どちらかと言えば食事と買い物がメインのサービスエリア的な要素が強いため、遊び施設は少なめ。旅の中継地点として立ち寄るには最適で数時間は楽しめる。駐車場は広く一般道からも高速道路からも来られるので、とても人気の施設。混雑するのでトレーラーは要注意。屋外ならば犬OK。

この後は秩父へ向かい「道の駅 大滝温泉」で日帰り入浴。川が見えるお風呂で気持ちがよかったです。

更に「道の駅 ちちぶ」へと向かい、トレーラーの中でスーパーで購入したパック寿司(20%引き・笑)を食べてこの日は終了!やはりスーパーのお惣菜コーナーは車中泊旅行の強い味方ですね(^-^)

 

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。