ミュージアムパーク茨城県自然博物館は子供も大人も大満足の博物館!【茨城】おすすめスポット

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は子供も大人も大満足の博物館!【茨城】おすすめスポット
Pocket

今年の夏休みは初日から息子が熱を出してドタバタと大騒ぎでした。子どもの体調は変わりやすいので仕方ないですね(^^;)なんとか実家には帰れたので恐竜にハマっている息子のために、帰省ついで茨城県坂東市にある「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」に行ってきました!

ここミュージアムパーク茨城県自然博物館はその名の通りミュージアム(博物館)とパーク(公園)が融合したスポットで、博物館の周りは芝生広場や昆虫の森など広大な公園となっています。そして博物館の方も迫力の恐竜や宇宙、動物、自然といったとても充実しているとの事です。

さすが夏休みといったところで駐車場はかなり混雑していました。しかし駐車場は大型バスを含む約1000台分もスペースがあるので、警備員さんの誘導の元すんなり入ることが出来ました。

今回は実父母と兄も同伴。それにしても父は歩くのが早い、せっかく一緒に来たんだから喋りながら歩こうよ(笑)

こちらが園内マップ。本館というのが博物館ですが、それ以外の野外施設も広い広い。野外施設だけなら料金も安いです。

駐車場から少し歩くと建物が見えてきました。建物もかなり立派でこれは期待できそう。

入り口に到着。相変わらず息子は兄にベッタリ。長男同士で気が合うのでしょうか。

券売機でチケット買っていざ入館。企画展が開催されていたため通常料金よりも少しお高めでした。

入っていきなり現れたのはマンモスの骨格標本。かなりの迫力でこれは期待が増します。

ではまず最初の宇宙コーナー・・・に行こうとしたら、息子はずんずん先へと進みます。どうやら目当ての恐竜が早く見たい模様。

兄と一緒にサクサクと奥へ進む息子。コラコラ、せっかく来たんだからゆっくり見なさい(笑)

お、それらしき場所までやってきました。ついに(息子)念願の恐竜とご対面。

きました!ティラノサウルスとトリケラトプス!この博物館の目玉と言える展示です。

対決しているのでしょうか、恐竜映画さながらに睨み合っています。

そして何といってもこの恐竜たち。動きます、グワングワンと動きます。大きさは以前見た群馬の自然史博物館よりも小さいですが、動きや鳴き声はこちらの方が迫力があります。

以前の記事:群馬県立自然史博物館は大迫力の恐竜と自然が展示されたハイクオリティな博物館!【群馬】おすすめスポット

こちらの展示室には他の骨格標本もあり、こちらもなかなかの迫力です。

では次のエリアへ・・・と思ったら、息子がいない!まさかはぐれた!?

まあでも兄と一緒だから大丈夫かー・・と思ったら兄は携帯を車に忘れたらしい(笑)・・・マジか。どうなる長男ズ!?

数分探しても見つからず「これ普通に迷子呼び出しじゃない?」と思った瞬間・・・「あっちにお魚がいたよー」と走り寄ってくる息子。あーよかったよかった(^^;)

どうやらこの地球の生命誕生の映像が見たかったようです。恐竜も出てきて息子満足。

この他にも迫力ある標本の数々や・・・

動物から昆虫、植物などなど見応えのある展示内容となっています。

こちらは昆虫の世界を人間サイズで表現。(虫ニガテな方ごめんなさい^^;)

各エリアごとにテーマに沿った展示で、大人たちも充分に楽しめました。

しかしこの日は恐竜を探し回る息子を追いかけるのに必死であまりゆっくり見られず(笑)

でもこのクイズコーナーだけは楽しかったようで、ちょっとゆっくり出来ました。

最初に見られなかった宇宙コーナーも無事に見られたので良かったです。写真はタンポポの種と宇宙飛行士の夢の(?)コラボ。

企画展は「狩りをする生き物大集合!-あなたは無事に展示室から出られるか!?-」。何とも物騒なコピーです。

生き物たちの狩りの様子を映像や写真で紹介。個人的にサーバルジャンプが一番凄かったです。気になる方はぜひ「サーバルジャンプ」で検索。

ホッキョクグマに狩られる気持ちを体験する息子。触るな触るな、食われるよ(笑)

 

この他にも盛りだくさんの展示内容だったので一挙にご紹介。息子も最後にミュージアムショップでじいじとばあばに恐竜のフィギュアと、なぜかオウム貝のぬいぐるみを買ってもらって大満足だったようです。

<ミュージアムパーク茨城県自然博物館>
〒306-0622 茨城県坂東市大崎700
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
電話:0297-38-2000
ホームページ:https://www.nat.museum.ibk.ed.jp
オススメ度:90点(大人:◎ 子ども:◎ ペット:× 駐車場:◎ )
コメント:その名の通りミュージアム(博物館)とパーク(公園)が融合したスポットで、博物館の周りは芝生広場や昆虫の森など広大な公園となっており、博物館の方も迫力の恐竜や宇宙、動物、自然といったとても充実していた展示となっている。特に動くティラノサウルスは迫力満点で子どもたちも大喜びする展示が盛りだくさんの他、大人でも充分に楽しめる見応えある施設になっている。ミューアジムショップや食堂もあるので家族で一日中楽しめるアミューズメントパーク的スポット。駐車場は広く大型車も可能。ペットは屋外も含め不可。

病み上がりでテンションが落ち着かない息子を追いかけ回すのが大変でしたが、それも含めて楽しい一日になりました。大人の人数が多ければ子どもが不調でも対処できますが、自分たちだけだと思うとゾッとしますねー(笑)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。