こども動物自然公園は動物とのふれあいがメインの体験型動物園!【埼玉】おすすめスポット

こども動物自然公園は動物とのふれあいがメインの体験型動物園!【埼玉】おすすめスポット
Pocket

おそらく平成最後の更新!息子の誕生日が近かったので、お祝いに少し遠出をして埼玉の動物園まで出かけてきました。という訳で今回のおすすめスポットは埼玉県東松山市にあります「こども動物自然公園」です!

こども動物自然公園は岩殿丘陵に広がる46ヘクタールにおよぶ巨大な敷地を利用して、1600点余りが飼育されている埼玉県内最大の動物園です。200種を越える動物は一部放し飼いにされており、中でも日本国内では9カ所の動物園にしかいないコアラ、世界最大級のフンボルトペンギン生態園ペンギンヒルズ、冬場におけるカピバラの露天風呂が有名との事。

下調べを全くせずに出発し、高速を使って一時間程で到着。インターからのアクセスもなかなか良いです。駐車場は約800台の大型駐車場があり、普通車600円・大型車1200円でした。大型車枠もあるので、大型キャンパーやトレーラーも入れます。

今回ももちろん娘が参戦。ほとんど僕が抱っこしていて出番が少ないので、ここで頭だけ出演(笑)

入場ゲートに到着。想像していたよりも綺麗で立派な施設でした。入場料は大人510円・小中学生210円、小学生未満は無料。良心的なお値段です。

入ってすぐにお菓子やお土産が売っている「キリンばいてんZOOSHOP」がありました。看板が可愛いですね。

そしてその日のイベントが全て紹介された案内板。こういうがあると目的を絞りやすいのでとても親切です。到着が11時前だったので、今回はまず「ウサギ・モルモットふれあい」と午後の「ペンギンのランチタイム」を目指して行くことにしました。

エントランスの噴水に動物のオブジェが飾られていたり

植木がタヌキ?の形になっていたりとなかなか凝っていて、ここだけでも既に息子が喜んでいました。

ではまずウサギ・モルモットふれあいが行われている「なかよしコーナー」まで歩いて行きましょう。ちなみにこの動物自然公園、敷地の広さもさることながら園内のアップダウンが結構あるため歩きやすい格好をオススメします。前日、家族揃って結婚式に出席していた僕らには、余計にこのアップダウンが応えました(^^;)

「なかよしコーナー」に到着。写真ではわかりませんが、ここも地味ーに坂道です(笑)

ここ「なかよしコーナー」には色々な動物がいて、カメ・・・

ダチョウやインコなど。この辺りは柵の中にいてふれあう事はできませんが、その他ほとんどの動物はふれあえます。

ふれあえる動物は、ブタ・・・

ヤギ。ヤギはあちこち歩いていて撫でてあげることが出来ました。

あとはアヒルも放し飼いされていたり、

クジャク?のような鳥もこんなに間近で見ることが出来ました。

動物園は見るだけの場所が多いので、こんな距離でしかも触れるというのはとても貴重です。

そしてウサギ・モルモットのふれあい。何も言わず果敢に抱っこに挑戦する息子。お前なかなか度胸あるな(笑)

もちろん大人も触れ合うことが出来ます。すぐ側に飼育員の方がいて、アドバイスしてくれるので安心です。

無事に妻も息子も抱っこに成功しました。モルモットって可愛いですねー。

更に可愛かったのはモルモットの橋渡り。係のお姉さんたちが橋をかけると・・・

位置について、よーい・・・

スタート!

次々にモルモットたちが橋を駆け抜けて、自分の家へと戻って行きます。

なんかレースしてるみたいで面白かったです。ふれあい体験の最後に見られるので是非。

その頃、娘。まだ爆睡中(笑)

続いてウサギの広場「ぴょんぴょん村」

こちらも可愛いウサギたちが放し飼いされていて間近で見ることが出来ます。

他にもこのエリアにはカワウソの中でも最も小型だというコツメカワウソがいました。

ガラス越しにこんな近くで泳ぐ姿を見られます。距離が近いだけで楽しさ倍増です。

更に歩いていくと、次は「乳牛コーナー」が見えてきました。

こちらでは時間になると、乳搾り体験が出来るそうです。

時間の都合で出来なかったので牛舎前の自販機で、ここの乳牛から絞られたという牛乳を買いました。

この乳牛コーナー付近には他にもたくさんの小動物がいて、こちらは世界最古のヤマネコ「マヌルネコ」

ヤマアラシは木の上に寝ていたので、まるで栗みたいでした(笑)

プレーリードッグもたくさん走り回っていました。

ここの動物園は看板などがいちいち可愛くて飽きません。

更にはあちこちで見やすい工夫がしてあるので、来場者目線に立って作られているなぁと感じました。

眠っているレッサーパンダ。ガラス越しでしたが穏やかな表情で、すごくほのぼのします。

フクロウと見つめ合う息子。結構歩き回る場所なので、さすがの息子も少々疲れ気味

・・と思いきや、ペンギンのコーナー「ペンギンヒルズ」に到着した瞬間、「ペンギンだーーーっ」と言いながら坂を駆け上っていきました。どこからその体力が・・・(笑)

このペンギンヒルズも非常に面白い作りになっていて、巨大なプールを泳ぐペンギンを間近で見ることが出来ます。

目の前を泳ぎ回るペンギンたちはなかなかの迫力で、何回も往復してくれました。

更には回り込んで上からプールを見ることも出来ます。

この動物園は本当に動物たちとの距離感がとても近くて楽しいです。

まるでペンギンたちのリゾート地みたいで、見ていたこちらまで涼やかな気持ちになりました。

そして面白いのはエリア内にペンギンの巣穴があり、タイミングによっては通路を普通にペンギンたちが歩き回るそうで、

「ペンギン注意」の看板がありました(笑) しかもこのエリア内では歩行者優先ならぬ、ペンギン優先だそうです。

ペンギンのエサやりまではまだ時間があったので、先に近くのエリアへ行くことにします。

「ママー早く早くー!」妻の手を引っ張りながら走り回る無尽蔵の体力。

近くには「花と鳥の丘」エリアがあり、クジャクやシラコバトの繁殖ケージがあったり、

直接中に入れるケージもありました。鳥たちが頭上を飛び回って野生気分を味わえます。

では鳥エリアを満喫したのでペンギンヒルズまで戻りましょう。

時間になると飼育員のお兄さんがエサを持ってやってきました。

エサを見つけたペンギンたちが、わらわら・・・

わらわらわら・・・(笑)。ペンギンの集団ってなんか面白いですよね。

「お、メシか?」と言わんばかりに巣穴からも出てくるペンギン。

更には観客席に迷い込むペンギンもいました。

エサやりはまず飼育員のお兄さんが見本を見せてくれて、注意事項も丁寧に説明してくれます。

順番がやってきたので早速息子もトライ!

無事にあげることが出来ました。エサやりに参加するとペンギンカードもGETできます。

「さ、メシ食ったし。帰ろ帰ろ」(笑)

ペンギン(の作り物)と感動の別れ。実際はめちゃめちゃ笑顔です。

娘も起きたところで、歩き尽くした親たちの体力ゲージが残り僅か・・・。

なので、帰りは園内バス「彩ぽっぽ」で正面入口まで戻ることにしました。こちら1回200円・1日フリーパス300円なので、園内を全て回りたい方はフリーパスをオススメします。

園内バスは動物たちが見える場所ではゆっくり走ってくれます。窓からはキリンや、

シマウマも見れました。こんなに広い動物園だと知っていれば、僕らも初めからバス使えば良かった・・・orz

他にも花形だったコアラやカンガルーなどのオーストラリア動物エリアがあったのですが、この日はそこまでたどり着けず。ポニーの乗馬や牛の乳搾りなど体験できなかったものも沢山あるので、お楽しみはまた今度にとっておくことにします。

全体的に予想していたより遥かに楽しかったので、いい意味で期待を裏切ってくれたスポットでした!場所も遠からず、入場料も安く、特に動物とのふれあいは子どもにとっても良い刺激になるので、是非また来たいと思います(^-^)/

<こども動物自然公園>
〒355-0065 埼玉県東松山市岩殿554
開園時間:9:30〜17:00(冬季は16:30まで)
休園日:火曜日(祝日の場合は開園)
電話: 0493-35-1234
ホームページ:http://www.parks.or.jp/sczoo/
オススメ度:90点(大人:○ 子ども:◎ ペット:× 駐車場:○ )

コメント:埼玉県の岩殿丘陵に広がる46ヘクタールにおよぶ巨大な敷地を利用して、1600点余りが飼育されている埼玉県内最大の動物園。200種を越える動物は一部放し飼いにされており、中でも日本国内では9カ所の動物園にしかいないコアラ、世界最大級のフンボルトペンギン生態園ペンギンヒルズ、冬場におけるカピバラの露天風呂が有名。ふれあいをメインに作られた動物園で動物たちを間近で見たり触ることができ、エサやり体験なども充実している。施設が広く勾配も多いため、一日で園内全てを歩き回るのは難しく、園内バス「彩ぽっぽ」を上手く利用すると良い。駐車場も広く大型車可、ペットは不可。

妻のママ友のオススメで訪れた動物園でしたが、とてもいい場所でした!やっぱり実際に行った人の口コミはすごく参考になるので、色々な人にも聞きつつ、僕も情報発信を続けていきたいです!

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。